必要な時にだけ

私たちは日常生活においていろいろなことを経験していますので、病気やけがなどのリスクもついて回ります。
それは避けようとしても、避けられるものでもありません。

そういう時のために、薬と存在し、病気やけがに対応してくれます。 
薬は、もちろん病院で処方していただくこともできますが、小さなケガや体調不良であれば、ドラッグストアで手軽に薬を購入することが可能です。
そこで手に入るものは、医師の処方のいらないものであり誰でも買い求めることができます。

一方、医師の処方がいるものになると、病院でしかもらうことができません。
いずれも副作用などが体に表れることもありますので、その点に注意してドラックストアなどで購入する際には掲載されている注意事項をよく読んで服用することが大事です。

病院ですと医師が服用の用法を教えてくれますので、わからないことや心配なことは聞けばよいのです。
薬は必要以上に飲むことはよくありませんが、具合の悪いときには頼って飲むと効果を発揮してくれ体の調子も回復してくれます。
幼児や子供に飲ませる場合には、保護者の監視のもとで適切に飲ませることが大切です。
服用時に何か体に異変などがあった場合には、飲むを中止してすぐに医師の診察を受けてください。

薬によって変わるタイミング

薬は飲み方に気を付けるのは大切なことなのですが、その飲むタイミングも重要です。
パッケージの解説に、飲むタイミングをきちんと書いてありますのでそれに従って飲むようにします。
その解説の中に、一般の人にはわかりづらい言い回しで書いてあることがありますが、食前は食事をする30分くらい前までを目安にして食後も同じくおよそ30分くらい後までに飲むようにします。

説明には食間というのがありますが、食間は食事と食事の間、食事をする前のおよそ2時間くらい前のことなのだそうです。
それらはすべておよそですから、きっかり正確ではなければならないということはありませんが、飲み方を間違えるとせっかくの効き目も低下してしまいますので気をつけましょう。

薬を飲むときには水、または白湯で飲むようにします。
また胃腸の弱い人などは、食前などになると胃腸に負担がかかるという人もいますので、そういう人はタイミングをずらしても構いません。

肝心な事は、一日に飲まなければならない指定された量をきちんと忘れずに飲むことが大切です。
なお、自分に処方されたものを勝手に他人に飲ませたりすることは絶対にやってはいけません。
処方されたものは、その日から封をあけないでおおむね半年以内くらいに飲むようにします。