リウマチと漢方の効果

漢方でリウマチを治療できる?

慢性関節リウマチに漢方が効果的という話を、テレビやインターネットで良く見かけるようになりました。

ですが、人によってはリウマチにどうして漢方が効くのかわからないので、漢方を頼る気にならないという人もいます。
今回はそんな人のために、なぜ漢方でリウマチを治療することができるのか案内していきます。

まず、リウマチという症状は体調そのものの悪化により起きていることが、今では知られています。
そのため、体調そのものを改善するにはどうすれば?という質問が、インターネットなどで良く登場しているのです。

多くの人が、個人的な対応でリウマチの改善に取り組んでいるのですが、それほど大きな効果をあげていないという事実があります。

そんな中、知られるようになったものこそ漢方薬です。
漢方薬は気血を整える薬として知られていますし、内臓に対して強い働きがあることでも有名ですが、これらは冷え性などの体調悪化を止めてくれる作用もあるのです。

リウマチの場合、神経が疲弊するほど痛みが増すという特徴があります。
これにより、イライラなどがこみ上げてくる人もいますし、無気力になってしまう人もいるのです。

ですが、漢方でリウマチを治療するように努力すると、これらの症状が緩和していきます。
リウマチは医薬品、病院などで受けられる施術によっても治療できるのですが、こちらは即効性があるだけで持続性があるわけではありません。

また、医師の手によっては治療が進まない、もしくは悪化するというリスクまで生じるのです。
漢方でリウマチを治療する場合は、医師が定まった生薬をせんじてくれるようになっているので、自分の体に起きている症状、それに見合った薬(成分)はなんなのかを学べるようになっています。

つまり、漢方でリウマチを治療する場合は医師とツーマンセル(二人一組)で努力できるというメリットがあるのです。
これには励まされることによる気力の充実、体力の衰えを防げるというメリットもあるので、今では漢方でリウマチを治療するのは当たり前という考え方も出てきました。

なぜ、漢方が注目されているのか?

漢方でリウマチを治療する行為が注目されるようになった理由ですが、実を言うと、金銭面でも医薬品による治療に優るため注目されています。

過去では保険適用外の漢方薬が多くありました。
ですが、今では国が認めている漢方薬の一部、もしくはクリニックの判断で漢方薬の処方を行った際に費用の一部のみ負担で問題ない・・・となっているのです。

また、高齢者専用の漢方クリニックも多数存在しますので、リウマチのような特殊な事情でも診察を受け、適切な漢方を処方してもらえるようになっています。