更年期の漢方治療

どんな人に効果的?

更年期障害の漢方治療ですが、以下のような更年期障害に悩まされている人が服用していることでも漢方は有名です。

更年期障害というと閉経などが良く出てきますが、漢方は精神を安定させるという目的でも良く用いられています。
そのため、更年期障害の漢方治療においてはうつ病の治療として、漢方薬が用いられていることも多いのです。

うつ病と聞くと、精神病なのでメンタルクリニックに行くのが正しい・・・と思ってしまうものです。
ですが、漢方薬を勧めているのがメンタルクリニックなので、今では過去のような偏見もなく、漢方薬を処方されると、漢方薬を信用して服用している人が増えています。

なぜ、うつ病に対して漢方薬が効果的なのか?というと、体温の保温と関係しているからです。
人の体というのは、うつ病などに悩まされるようになると、うっ血などの症状も見えるようになります。
うっ血が進行するキッカケに血の巡りが悪くなると進行する・・・という特徴があるので、その症状を緩和させる目的で漢方薬が処方されているのです。

本来は、うつ病全体に効果的な薬を渡して経過観察を行います。
ですが、このような方法をとってしまうと、費用面で厳しい状況に見舞われる患者さんが増えてしまうのです。

つまり、更年期障害の漢方治療というのは料金があまりかからず、長期において効果のある薬を得て、症状に見合った治療を進めるという行為なのです。
そのため、更年期障害の漢方治療でお金がかかり過ぎるものは、現在では減っている状況となっています。

どんな症状に用いられている?

更年期障害の漢方治療についてですが、主に以下のような症状を緩和させる目的で漢方が処方されています。

特に大きな効果を見込めるものに「急激な発汗を抑える」というものがあります。
血の巡りが悪い、もしくは毎日の生活バランスが乱れていると、高齢者になっていくに従って急激な発汗が目立つようになります。

更年期障害の漢方治療においては、発汗そのものを促進してくれる生薬を用いることで、血の巡りを改善するという治療テーマが存在するのです。
人によっては食事などの意欲もわくようになるので、自然な形で治療を進めていけると話題になっている一面もあります。

他にも、冷え性として「手足、腰を重点的に温める」という効果が漢方にはあります。
これは「疲れやすい人」にも効果的なので、漢方は体力の衰えを防ぐ効果もあるとして注目を集めているのです。

人というのは、ある程度で健康な状態が続くとうっ血に悩まされる心配も減りますし、イライラからくる不眠症に悩まされる心配についても減っていきます。
そのため、更年期障害の憂鬱にも漢方は効果的とされているのです。