漢方との上手な付き合い方

医師と相談の上で漢方を服用する

漢方との上手な付き合い方ですが、必ず病院やクリニックで診断を受けることが付き合い方では重要となります。

例えば、ドラッグストアには「冷え性に効く生姜入り漢方薬」、もしくは「体調を整える漢方スープ」などが売られています。

これらは確かに漢方なのですが、漢方としての成分が多く含まれているのか?というと、そうでもありません。
とりあえず効果があれば良いので、すでに体調が悪くなっている人では漢方と上手に付き合うことができないのです。

つまり、病院で漢方薬についてのアドバイスを受けると、現在の体調、もしくは体調改善についての要望を理解したうえで、漢方薬が調合されるというわけです。

また、このような形で処方されたお薬というのは、従来のお薬より高いのでは?と考えてしまう人もいます。
ですが、まず高すぎる漢方を購入するはめになるケースは稀でしょう。

というのも、今では専門家が漢方薬の調合を行っているからです。
ストックする形で似通った漢方薬が保管されていますので、症状によっては多く存在する漢方薬の一部を受け取るだけで治療を終えることもできます。

ドラッグストアで漢方を購入した場合、このような結果で終了できるケースは少ないでしょう。
というのも病気はナマモノです。
つまり、いきなり重い病気にかかる人もいれば、自分では診断できないような病気に悩まされる人もいるからです。

なので、現在の症状を打ち明けて治しやすい漢方薬を得たほうが賢明でしょう。
近年では、体調不良だけでなくダイエット効果が高い漢方薬もせんじてもらえるようになりました。

中高年の方では、ダイエットだけでなく冷え性、胃腸の具合が悪い部分に作用するお薬も、漢方薬として処方してもらえるので、家族などにダイエットに取り組んでいることを知られずに、漢方と上手に付き合うこともできます。
このような魅力があるので、今でも漢方薬の人気は高いままとなっているのです。

間違った情報を信用しないことも大事!

漢方と上手に付き合うコツですが、インターネットなどで手に入る間違った情報を信用しないようにしましょう。

例えば、他の医薬品と一緒に飲んではいけないという情報があります。
ですが、漢方薬は自然由来のものしか使っていませんので、そもそも併用してしまうと危険な状態に陥るわけではありません。

守ったほうが良いとされていることは用法用量の部分です。
漢方薬は多く飲むほど効果がある・・・というものではありませんので、正しい用法用量を守ってください。

それと、高い漢方薬は効果も高い・・・というのは嘘です。
安い漢方薬の中にも効果が確かなものは存在しますので、そのような漢方と出会うのも漢方と上手に付き合うコツです。